スポンサード リンク

2007年04月13日

行政書士の年収の実際

行政書士年収はいくらでしょうか。

資格取得が重視されるこの時代、行政書士の資格も検討されている方は多いでしょう。
検討材料の大きなポイントは年収だと思います。

行政書士年収は資格を持っているだけで、高給取り、と言うわけにはいかないのが現実です。
これは何にでも当てはまりますが、行政書士で独立開業した場合、平均では年収数百万円、ある程度仕事をとって一人で仕事を回している人でも年収が500万円くらいと聞きます。

ただ、これは単なる行政書士としての事務作業で稼ぐ場合です。

スポンサード リンク
行政書士の専門知識を生かして、コンサルティングを展開すると、年収はかなり違ってきます。
こうなると年収1000万円クラスに突入するようです。

ちなみに、行政書士になって年収1000万円を稼ぐ方法、等という本もあります。

何の商売もそうですが、人脈、コネクションを活用し、広げていくことで年収は自然とアップします。
行政書士は司法書士と比べると難易度が低いことから、この点は特に重要です。

そういう意味では、行政書士事務所に勤めて人脈を広げて、経営ノウハウを吸収してから独立開業が高年収への理想です。

では、行政書士の勤務した場合の年収はどれくらいでしょうか。
行政書士の求人情報などを見ると一つの目安になります。
行政書士の求人で年収を明確に示しているところは少ないのですが、月給ベースで20万円〜30万円位のようです。
年収の高いところだと、法務担当として年収400万円から800万円という求人情報がありました。

行政書士年収は営業努力、経営の才覚で予想以上に差があるという印象を受けました。
年収の多い人では億まで届くというのもあるようですから。

営業、人脈、コネクションを意識した行政書士としてのライフプランを練ることが高年収への道ということになります。

posted by 行政書士の年収がしりたい at 22:48| 行政書士の年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。